undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS 郵政民営化

<<   作成日時 : 2005/08/10 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

icon 昨日今日と、小泉純一郎命名「郵政解散」について書きましたけど、実はあたし、この郵政改革法案の中身のこと、ま〜ったく知らないんです。おまけに、法案以前に、なぜ郵政改革が必要なのかということさえ良くわかっていませんし、郵政改革を行うとどうなるのかということも理解できていません。
 反対派の意見で良く「民営化されると潰れる郵便局が出てくる」ということが言われますが、こうした意見が出てくることが、郵政民営化の問題を複雑化させ、分かりにくくしているのかもしれません。
 郵政民営化ということで問題の核となるのは、郵便事業ではなく、郵便貯金と簡易保険の方ではないのでしょうか。郵貯や簡保に預けられている膨大な資金、これの扱いを政府の好きにさせないがための郵政民営化だと私は理解しています。ですから、「潰れる郵便局が出てくる」という反対意見についても、郵便事業における郵便局が潰れるなどするのは問題だと思いますが、それは郵貯・簡保とは別の問題だと考えています。
 でも、これ以上のことは勉強不足、考えになっていませ〜ん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「郵政民営化」について
「郵政民営化」について 要するに官から民への移行、国鉄からJRへ電電公社からNTT、日本たばこ専売公社からJTへの移行です。これらは一応成功しています。唯違うのは郵便郵貯簡保を別会社に分けてしまうことです。350兆の資金が特殊法人へ流れ、之が日本の財政の肥大化を招き今日の政府地方自冶合わせて1000兆の借金があることです。国民一人当たりの借金が1000万円弱、一世代あたり4人家族で3500万円です。彼らは借金の返済意識はなく、お金がなくなれば増税ありきです。このまま放置したら国は破綻します... ...続きを見る
翔龍
2005/08/10 05:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
郵政民営化 undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる