undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS ありゃりゃ

<<   作成日時 : 2005/10/27 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon ロッテの4連勝で、あっさりと日本シリーズは終わっちゃいましたね。
 しかも、初戦が10−1。2戦目も2ケタ得点で10−0。阪神のホーム甲子園に戻っての第3戦も、やはりロッテの2ケタ得点で1−10。4戦目にしてようやく2−3と接戦となったものの、時すでに遅しで圧倒的な差を見せつけてロッテが日本一。ロッテファンは大喜びでしょうけど、阪神ファンはもちろんのこと、セ・リーグのファンも、「何なんじゃ、こりゃ」と、怒るよりも先に呆然となっているんじゃないでしょうか。

 しかし、この結果、単なる戦力の差によるものではなく、パ・リーグが導入したプレーオフの影響によるものじゃないんでしょうか。
 パ・リーグのロッテは、直前まで日本シリーズ出場を賭けた厳しい試合をしていたのに対し、セ・リーグの阪神は、優勝を決めてからは消化試合であっただけでなく、シーズン終了から間が空いている。こうしたことがコンディションやモティベーションの差を生み出したとしても、不思議ではありません。
 しかも、昨年の西武同様、ロッテもシーズン中の順位は2位。1位のホークスを破っての日本シリーズ出場なのですから、自ずと気勢は上がるでしょう。また、1位のチームを破って出る以上、下手な試合はできないどころか、「絶対に勝つ!」という確固たる信念をもって試合に臨むことができたのではないのでしょうか。

 プロである以上、監督や選手はこうした言葉を口にしないでしょうが、制度の違いから生じる条件の差というものについて、野球機構は考えた方がイイかもしれません。もしこのまま、毎年パ・リーグの代表が勝ち続けるなんて事態になったら、さらに野球の人気低迷に拍車をかけることになりかねないと思います。
 まっ、あたしゃ、野球は好きじゃないんで、このまま野球が廃れていったとしても、「ふ〜ん」で終わってしまうんですけどね。

 何はともあれ、千葉ロッテマリーンズの圧勝劇は見事でした。31年ぶりの日本一、おめでとうございます。
 とりわけ、ボビー・バレンタイン監督、前の就任時にせっかくチームが強くなってきたところで不本意な解任を受け、復帰しての日本一、本当におめでとうございます(明るいし、選手を悪く言わないし、何よりもファンを大事にしているので、あたしゃ、バレンタイン監督、大好きです)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ありゃりゃ undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる