undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS 値下げ? 値上げ?

<<   作成日時 : 2005/11/01 03:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon ついこの間まで「暑いだぉ」なんてことを言っていたかと思ったら、あっという間に11月になっちゃいました。今年も残すところあと2ヶ月、これもまたあっという間に過ぎ去ってしまうんでしょうね。

 さて、11月と言えば、今日1日よりドコモ新料金体系が導入されます。最初、この新しい料金プランのお知らせを見たときは、「おっ、安くなるんだ。変えてみよっかな」と思ったのですが、調べてみると、この新料金体系、単純に値下げというわけではありませんでした。
 確かに、長くドコモを使っている人が「(新)いちねん割引」を使うと、基本料金の割引率が上がるので、その分、安く上がります。また、通話料に関しても、movaの場合は現行プランのいずれかにかかわらず昼間使用料は安くなりますし、現行プランで新料金プランの「タイプL」を相当する使い方をしている場合は、FOMA、movaに関係なく、値下がりとなります。
 しかし、夜間や土日の使用が多い場合には、通話料は値上げとなります。特に、movaはFOMAに比べて夜間割引時間帯が少し長く設定されているので、その分、不利益を被る割合も上がります。また、新料金体系では「ボリュームディスカウント」が廃止されているので、思わず使いすぎてしまった月でも、割引ナシでそのまま使用料金が請求されるようになります。

 あたしゃ、今年の1月末にドコモの携帯を持ったばかり(って、それまで携帯自体持っていなかった)、買った当初は、ネットに接続できない状態にあったのに加え、珍しさも手伝ってimodeを使いすぎ、明細を見て「げっ!」となることもありました。
 しかし、しばらくすればもの珍しさも薄れ、再びネットに接続できるようにもなったので、そうしたこともなくなり、使用料はそれほどかからなくなりました。また、もともと人づきあいは悪い質なので、積極的に電話をかけることもなく、通話料もほとんどかかりません。
 ですから、これまでの料金体系では、「おはなしプランM」でも無料通話分が余ってしまうような状態(あっ、使っているのはmovaね)。「ないとちょっと困るけど、あるからといって積極的に使うわけでもない」といった具合です。
 その程度の使い方しかしていない私にとって、今回のドコモの新料金体系は、値下げとはならず、値上げとなるものでした。実際、ドコモのサイトで「ぴったり料金プラン診断」でシミュレートしてみましたけど、何度か数値を変えてみても、新料金体系では現行体系よりわずかながらも請求額が上がっていました。
 どうやら今回の新しい料金体系は、長くドコモを使っているヘヴィユーザー向けの改定のようで、私のような新参者のライトユーザーにとっては、その恩恵を受けるどころか、値上げとなるもののようです。
 そんなわけで、新料金体系への移行はナシ、現行の「プランM」のままでいることになりました。

 しかし、ドコモは今回の新料金体系の導入で何をしようとしているのでしょう?
 確かに、「料金体系の簡素化」という謳い文句通り、これまでのものから比べれば、新しい料金体系はすっきりとしていてわかりやすいです。しかし、いくらわかりやすくなるからと言っても、そのどさくさまぎれに部分的な値上げを行なうのは何ともセコいやり口です。
 それに、今回の新料金プランは、長くドコモを使っているヘヴィユーザーにとっては恩恵があるけど、新参者のライトユーザーには実質的な値上げです。テレビのコマーシャルなどを見ると、今回の新料金体系の売りは「(新)いちねん割引」でしょう。でも、その恩恵を受けるには、最低でも5年はドコモを使っていないとたいしたことはありません。
 確かに、2年目からでも、現行の「いちねん割引」よりは割引率は上がるけど、その上昇率はわずかです(2年目なんて11%→12%だもん)。そのため、基本料金が下がっても、通話料などのアップ分で値下げ分が消えてしまい、トータルでは以前よりも請求額が上がるようになります。
 こうした新料金体系のあり方は、現行ユーザーの他社への乗り換えを防ぐためのものだと思いますが、逆に、他社からの乗り換えはどうするのでしょう。ヘヴィユーザーならまだ通話料が下がっているので、それが魅力になるかもしれませんが、ライトユーザーにとっては、通話料が値上げとなっている新料金体系には魅力がありません。
 乗り換えのユーザーや新規のユーザーは、「(新)いちねん割引」によって、基本料金が大きく割り引かれるまでガマンしてろということなのでしょうか。それとも、他社ユーザーの取り込みや新規ユーザーの獲得より、今いるユーザーの囲い込みが先決ということなのでしょうか。
 今回の新料金体系でドコモが何をしようとしているのか、その目的が良くわかりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
値下げ? 値上げ? undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる