undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS まっ、オチは見えてるけどね

<<   作成日時 : 2008/03/28 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon 参議院で民主党が強硬に突っぱねているため、年度内での税制関連法案の成立が難しくなり、それに伴って4月からガソリン税の暫定税率も撤廃となる可能性が色濃くなっています。
 自衛隊は民間の船を沈めちゃうわ、日銀の総裁は決められないわ、景気の先行き不安に加えてのドル安状況に対しても無策無対処、んでもって、国会運営もまったく上手く行かず、支持率は低下する一方の萎びたそら豆福田首相。最近じゃ、記者からの質問に対しても、以前のようなしらっとした態度が薄れ、視線は落ちつきなくあたりをきょろきょろとさ迷い、口もともぷるぷる加減に小さな声で早口に短く言葉を漏らすだけとなっていて、精神的にかなり追い込まれているというのが画面を通してもはっきりわかるようになっています。

 それでヤケを起こしたのか、それとも乾坤一擲のバクチに出たのか、ともかく現状を打破して税制関連法案は成立させたいと、27日に緊急の記者会見を行ない、09年度からの道路特定財源の一般財源化という提案を発表しました。

 福田首相は27日、首相官邸で緊急記者会見し、道路特定財源の修正について新提案を発表した。道路特定財源を09年度から全額一般財源化すると約束し、10年間で最大59兆円を投じる道路整備中期計画は5年間に短縮して策定し直す。ただ、民主党が求める08年度からの暫定税率廃止には応じられないとした。このため、民主党は首相が求める税制改正関連法案の年度内採決は受け入れない方針で、ガソリン税などの暫定税率が3月末で期限切れとなるのは確実な情勢だ。

【中略】


 福田首相が公表した「道路関連法案・税制の取り扱いについて」(全文)

 1、地方財政や国民生活の混乱を回避するため、08年度歳入法案の年度内成立

 2、道路関連公益法人や道路整備特別会計関連支出の徹底的な無駄の排除

 3、道路特定財源制度は今年の税制抜本改正時に廃止し、09年度から一般財源化

 4、暫定税率分も含めた税率は、環境問題への国際的な取り組み、地方の道路整備の必要性、国・地方の厳しい財政状況を踏まえて検討

 5、道路の中期計画は5年として新たに策定

 6、新たな整備計画は、08年度道路予算の執行にも厳格に反映。08年度予算における一般財源としての活用は、民主党から現実的な提案があれば協議に応じる

 7、与野党協議会を設置し、一般財源としての使途のあり方、道路整備計画などを協議・決定

 暫定税率は廃止しないとは言え、これだけを見るならば、民主党に対しかなりの譲歩をし、大きく踏み込んだ形の提案をしたということができます。肝炎の薬害訴訟の時のように、ぎりぎりのせっぱ詰まった状況になって、ようやく福田首相が大胆な決心をしたのかとも思えます。
 しかし、これはあくまでも福田首相の提案であり、しかも09年度の話です。テレビのニュースを見れば、与党自民党の伊吹幹事長は「あれは政府の考えでしょ」と一言のもとに切り捨てているし、閣内でも冬柴国交相が一般財源化には税制抜本改革が前提になるとの考えを示しています。

 福田首相が道路特定財源を09年度から全額一般財源化する新提案をしたことについて、町村官房長官は28日の記者会見で提案が政府方針であることを認め、「すべての政府提案を閣議決定しているわけではない。(与党内に)個々の議員はいろいろな意見があると思うが、総理の決断とリーダーシップで決めたので理解を得られると思う」と述べ、与党の支持は取りつけられるとの考えを示した。

 一方、道路政策を担当する冬柴国土交通相は閣議後の記者会見で、「税制の抜本改革がなされない場合、一般財源化もないという理解か」という質問に、「(首相の発言は)そのように読むのが正確ではないか」と述べ、完全一般財源化には税制抜本改革が前提になるとの考えを強調。「真に必要な道路は、いかなる事態になろうとも造らないといけない」と語った。

 自身が総裁を務める党の幹事長に「んなもん知らんよ」とばかりにあっさりと切り捨てられたばかりか、道路特定財源が関わる国土交通大臣からも厄介な条件をつけられ「慎重に」と言われてしまうんですから、これが福田首相の乾坤一擲の手だとしたら、お粗末さまというのを通り越し、憐れさすら覚えてしまいます。これじゃ、総裁としても首相としても指導力が欠如していることを知らしめ、ここまで求心力を失っているのかということを実感させるだけの意味しか持たないでしょう。
 道路を造りたがっている連中に「あー、あいつ、できもしないのに、あんなこと言っているよ。ほっとけ、ほっとけ」程度の扱いしかされていないんですから、野党がこの提案に対し懐疑的で、おいそれと乗ってこないのは当然です。

 道路特定財源の修正問題で、民主、社民、国民新の野党3党の国会対策委員長が28日昼、首相官邸で町村官房長官と会談した。野党側は、09年度からの全額一般財源化を柱とする福田首相の新提案について、自民党内で懐疑的な見方が広まっていることから、町村氏に具体的な説明を求めた。

 会談で民主党の山岡賢次国対委員長は、新提案について「首相の個人的な発言なのか、政府与党としての発言なのか」とただした。さらに同日午前、首相提案の内容について説明を受けるため、与党側に求めた政策責任者と国対委員長による会談について、与党側が日程調整がつかないことなどを理由に出席を見送ったことを踏まえ、与野党協議に応じるよう求めた。町村氏は「首相に伝える」と述べたという。

 山岡氏は記者団に「首相はああ言ったが、自民党としては、どうしていいかわからず、対処できないのではないか」と語った。

 一方、町村氏は同日の記者会見で、「(与党の)個々の議員はいろいろ意見があると思うが、総理の決断とリーダーシップで決めたので理解を得られると思う」と述べ、与党の支持は取りつけられるとの考えを示した。

 福田首相は28日の参院予算委員会で、道路特定財源に関する自らの新提案について「財務、国交、総務の関係閣僚とは事前に話をしている。内閣全員(に伝えた)という段階ではないが、私が責任を持って(まとめた)ということだから同じ意味だ」と述べ、政府方針であると明言した。冬柴国交相も「総理のおっしゃる通りだ」と述べた。民主党の直嶋正行氏の質問に答えた。

 ここで曲者なのは「政府方針である」というところ。福田首相のこの提案の重要なポイントは、一応は政府方針とされたものの、まずは福田首相の提案であり、そうして、09年度からが対象になるというところです。
 何につけても無策無対処で支持率は低下する一方、与党内でも求心力も失っている福田首相が、いったいいつまで総理総裁の座に居られるというのでしょう。選挙ということを考えれば、今すぐにでも首をすげ替えたいというのが自民党の本音でしょう。
 しかし、厄介事ばかりが山積している今の状況で首相になりたがるような奇特な人がいるはずもありません。厄介事と不評はすべて福田首相に押しつけ、その後の少しでもクリーンな状況で首相に就く方がいろいろとやりやすい上に、その方が国民に対してもイメージが良くなり、選挙をやった際、勝つ可能性が高くなる。そういう腹積もりがあるから、「まっ、今は福田で行っとこうや」ということなんだと思います。
 ですから、とりあえず予算絡みの事案がすべて片づけば福田首相は用済み、後は機を窺い、どこまで引っ張るかだけです。もちろん、今回このような提案がなされたのですから、09年度の予算編成となる前には新首相が就任し、新しい内閣、新しい政府となっているはずです。そうして、次期首相のもとでの新内閣では、当然のごとく、福田前内閣での提案など「あっ、それは前内閣でのこと」で反故にされてしまうことでしょう。

 まあ、一応は体裁を整えるぐらいのことはあるかもしれませんが、それでもオチはこんなところです。道路特定財源の一般財源化は、国民の支持率が高かったあの小泉元首相が在任中でも道路族議員などの抵抗に会って実現できず、しかも、そのときに「ムダな道路は造らない」としたにもかかわらず、いつのまにやら道路整備中期計画の総予算が元に戻っていたぐらいです。
 支持率の高かった小泉元首相ですらできなかったことを、支持率も低ければ求心力もない福田首相ができようはずがありません。自ら実現の可能性が低いことを提案しておきながら、「せっかく大幅な譲歩をした提案をしたというのに民主党が乗ってこないのだから、悪いのは民主党」とするばかりか、「こうなったら2/3の再可決をしちゃうよ」ということを滲ませているのですから、福田首相のノーミソの中身は私には理解できません。
 散々っぱらババを押しつけられているにもかかわらず、この期に及んでも自民党が有利になるように動く。そこまで自民党に対して義理立てするのはなぜなんでしょう。ホント、理解不能です(どうせ首相としては後わずかの命なんだから、同じ手を打つなら、せめて最後に国民のためになることをすればイイのに)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まっ、オチは見えてるけどね undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる