undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS どうでもいいことなんだけど

<<   作成日時 : 2008/08/24 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon 野球のオリンピック日本代表、3位決定戦でも再びアメリカに負け4位。金メダルどころか、銅メダルすら取れずにお帰りとなっちゃいましたね。
 試合は観てないので内容なんかはわかりませんけど、予選の段階ですでにぽろぽろと取りこぼしていたから、この結果には驚きはしません。「騒いでいたわりにはたいしたことがなかったってことでしょ」でオシマイです。
 オリンピックの正式競技から外される最後の大会で、ソフトボールの日本代表は見事に有終の美を飾れたけど、野球の方はそのふがいなさを曝して終わり。これは野球に限らないことだけど、騒がれていた方がダメというのは何とも日本らしく、マスコミのいい加減さを示しているようにも思われます。

 まあ、あたしゃ、野球にも興味がなければ、オリンピックも好きじゃないんで、野球の結果がどうであろうと、オリンピックがどうであろうと、どうでもイイことで終わっちゃうんですけどね。
 唯一、興味の対象になるのはサッカーですけど、今回のオリンピック代表にはまったく期待していなかったし、評する気にもなれなかったので、試合も観ず仕舞い。その結果にも、「情けないけど、こんなもんでしょ」でオシマイです。
 オリンピック代表だけでなく、フル代表にしても、今の日本のサッカーに期待できるものが感じられなくなってきます。とにかく成長がない。いつまで経っても、「俊輔、俊輔」じゃ話にならないでしょ(それに、中村俊輔はもう底が割れてる選手だから、ある程度の計算はできてもそれ以上のものは望めない)。
 決定力不足はずっと言われ続けてきたことだけど、それだけじゃなく、ひとつひとつのプレーの精度や丁寧さというものが、日本の選手には不足しています。組織だどうだとか、展開力や創造性、スピード、そう言ったことがあれこれ言われてますけど、そうしたものを支える土台、つまりは基本的なプレーのひとつひとつから、日本は根本的に見直していった方がイイと私は思っています。
 そうしたことをせずに、「日本は技術はあるから」とカン違いをしたまま、どのようなチームを作ってゆくかという戦略ばかりを優先していったところで、結局、「決定力が足らない」「組織力とスピードで勝負だ」「創造性がない」などと、これまでと同じことが繰り返されるだけです。

 まあ、今の日本代表に期待ができないのには、ひとつには今ここで書いたことが大きな要因なんだけど、もうひとつには岡田監督だっていうのもあるんですけどね。
 岡田監督のサッカーの基本は守備を固めてのカウンターだし、選手の起用にも特定の選手に固執する傾向があるから、試合の内容にしても結果にしても予想を超えるものが出てくる気がせず、観ていてもわくわくするものがなくおもしろくない。「早く監督を代えてくれないかな」というのが、あたしの本音です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どうでもいいことなんだけど undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる