undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS バッカじゃなかろうか

<<   作成日時 : 2009/03/30 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

icon 昨日投開票が行なわれた千葉県知事選挙は、森田健作元衆院議員が2位に30万票以上の差をつけて圧勝。民主・社民・国民新党・新党日本などの推薦を受けた吉田平候補は、そのちぎられた2着であえなく落選となりました。

 千葉県知事選は29日に投開票され、元衆院議員で俳優の森田健作氏(59)が、民主党などが推薦する第三セクター鉄道会社の前社長吉田平氏(49)ら4氏を破って初当選した。西松建設による違法献金事件で民主党・小沢代表の秘書が逮捕・起訴されたあとの初の大型選挙で、民主党への「逆風」をうかがわせた。

 千葉県知事選は29日、投開票が行われ、新人で元衆院議員の森田健作氏(59)(無)が、前鉄道会社社長の吉田平氏(49)(無=民主・社民・国民・日本推薦)、関西大教授の白石真澄氏(50)(無)ら4新人を破り、初当選した。

 公設第1秘書が起訴された小沢・民主党代表の続投表明後、初めて行われた大型選挙で、民主党推薦候補が、自民党の一部の支援を受けた森田氏に大差で敗れた。辞任論のくすぶる小沢代表の進退問題に影響を与えそうだ。投票率は45.56%で、前回(43.28%)を2.28ポイント上回った。

 話題を作りたくて仕方がない新聞報道らしい紋切り型の書き方で、実にバカバカしい論調です。これは新聞報道に限らないことですけど、西松建設の事件が千葉知事選に影響を及ぼしたと考えるのはムリがあります。千葉県知事選と西松建設の違法献金事件には何の関連性もないというのに、それがどうして影響を及ぼしたというのでしょうか。
 もし仮に影響を及ぼしていたとしたら、何の関係のない西松建設の違法献金事件を判断材料にして知事の選択を行なったということで、千葉県民はバカだということになります。西松建設の違法献金事件が影響を及ぼしたという論理で行けばそういうことになります(私からすれば、自分が住んでいる県の知事を選ぶ選挙に5割以上の住民が投票に行っていないということで、千葉県民はバカということになりますが)。
 影響ということを考えるならば、当落に関してではなく、投票率の方です。旧態依然とした政治と金の関係が政治へのさらなる不信へとつながり、それが政治に対するうんざり感、あきらめ、無関心をもたらし、投票率の低さとなって現われる。このことはこれまでも見られていた現象であり、今回の千葉県知事選に対する西松建設の違法献金事件の影響を考えるのならば、当落の結果よりも、投票率の高低の方です。
 しかし、今回の千葉県知事選の投票率は5割をきっているとは言え、前回よりもアップしており、その意味でも影響はしていないと言えます。

 このように西松建設の違法献金事件と今回の千葉県知事選挙を絡めたがっているマスコミ報道は、論理性を欠いており、暴論と呼ぶのもバカバカしいほどに低レベルなイメージ報道。所詮は話題作りのための煽り文にすぎません。
 しかし、そんなイメージ報道に過ぎないものでも、自らの看板をもってそれらしい装いを施して見せれば何らかの印象を与えることはでき、中にはそんなイメージ報道に煽られる人も出て来て、それが民主党内部の人間ならめっけもの、さらなる話題を提供してくれる。上手いことやっています。

 そんなマスコミ報道に煽られ見事に釣られてしまったのか、それとも党内の小沢一郎の代表辞任を望んでいる連中の機先を制そうとしたのか、早速、民主党の鳩山由紀夫幹事長が事件の影響があったとして陳謝したとのことです。

 千葉県知事選で民主党推薦候補が敗れたことについて、同党の鳩山由紀夫幹事長は30日、東京都内で記者団に対し「小沢代表の秘書の問題もありつらい選挙で、(違法献金事件の)影響がなかったとは言えない。おわびしないとならない」と述べた。「党が一丸となった戦いぶりを国会で見せきることができれば、十分に支持を高めていける」とも語り、国会審議を通じて党勢回復を図る考えを示した。

 民主党の鳩山幹事長は30日午前、都内で記者団に対し、29日投開票の千葉県知事選で民主党などが推薦した候補が大差で敗れたことについて、小沢代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件が悪影響を及ぼしたとして、陳謝した。

 鳩山氏は「小沢氏の秘書の問題があり、つらい選挙になったことは否めず、影響がなかったとは言えない。そのことに関してはおわびしたい」と述べた。

 私も西松建設の事件がまったく影響していないとまでは言うつもりはありませんが、元々が知事選とは関係のないところでの事件でもあれば、30万票以上もの大差がついたことを考えれば、仮に影響があったとしてもそんなものは微々たるもの。にもかかわらず、影響があったとして陳謝してしまった鳩山由紀夫幹事長。甘ちゃんなのか、度胸がないのか、まったく理解に苦しみます。

 今回の知事選で民主党などが推薦した吉田平候補が落選したのは完全な戦略ミス。こんな選挙活動では落ちて当然だとしか思えません。

 堂本氏に前回6千票差で敗れた森田氏は、直後に再挑戦を決意。これまでに県内各地で400回近くミニ集会を開くなどして人脈を広げ、地元のテレビやラジオにも出演を続けた。前回、堂本氏を推薦した県医師連盟からの推薦も取り付けた。

 選挙戦では「無所属」を強調し、支援する自民党県議らは裏方に徹した。同党の国会議員などの応援弁士を一切呼ばず、政策面では、成田―羽田間のリニアモーターカーの開通、郷土愛の育成や道徳教育の推進などを公約。ただ、具体的見通しなどには触れず、街頭では有権者との握手や写真撮影に多くの時間を割くイメージ選挙を展開した。

 堂本氏から後継指名された吉田氏は野党各党や連合千葉の支援を受けて組織選挙を展開。さらに、政権交代は同知事選から始まると訴え、民主党の菅直人代表代行と鳩山由紀夫幹事長がそれぞれ3回応援に駆けつけたほか、28日には小沢代表も選挙事務所に激励に訪れた。野党各党の幹部クラスも千葉入りした。

 だが、立候補表明が2月初旬と候補者5人の中で最も遅く、有権者に十分浸透できなかった。

 前回選で堂本暁子知事(76)に6000票差で敗れた。以来、地元に社会人野球チームを結成したり、県内をロケ地にした映画を製作したりと活動を続け、今年1月、「これで駄目なら二度と政治はやらない」と出馬表明。自民党県議から支援を受けたものの、政党色を消し込んで臨んだ。

 告示前に100か所以上のミニ集会をこなし、告示後は、都市部での街頭演説に重点を置いた。その演説も、「政策をくどくど語ってもしょうがない」と5分程度で切り上げ、早々に握手作戦を展開。カメラ付き携帯電話の輪に囲まれ、笑顔を振りまいた。主演ドラマ「おれは男だ!」による知名度は抜群。浮動票の取り込みが狙いだった。

 マニフェストでは、東国原英夫・宮崎県知事や橋下徹・大阪府知事らを意識し、「千葉の魅力をセールスする」とアピール。ここでも「人間性豊かな熱血校長・熱血教師を増やす」「2010年の千葉国体を若者主体の青春国体に」などの“森田節”を随所にちりばめた。

 勝因について陣営幹部は「景気低迷が続く今だからこそ、森田さんの明るさを強調できた」と語った。

 一方、堂本知事の後継指名を受けながら、劣勢を強いられた前鉄道会社社長の吉田平さん(49)は、終盤になって“民主推薦”を前面に押し出す戦術に転換。「民主党が政権を取れば、私の公約も実現できる」と訴えたが、支持は広がらなかった。鳩山由紀夫幹事長を3度、続投を決めた小沢代表を投票前日の28日に差し向けた党本部のテコ入れも、森田さんの勢いにのまれた。

 党県連の関係者は「勝利が政権交代につながると強調したが、有権者には届かなかった。小沢問題の影響で国会議員らの後援会の動きが鈍かったのも敗因かもしれない」とつぶやいた。

 森田健作は知名度もあれば、元国会議員で政治家としてのキャリアもある。その上、前回の知事選で敗れたとは言え、その差はわずか6000票。さらに、前回の落選後から今回の知事選を目標に活動を行なっている。
 この時点ですでに大きく差を開けられているというのに、2月中旬に立候補を表明してというんじゃ、出遅れもイイとこ。太刀打ちできるわけがないでしょ。
 しかも、やったのは組織選挙で、堂本前知事の後継指名まで受けている。これじゃ、自民党推薦の候補者が良くやる旧態依然とした戦略じゃないですか。
 さらに、選挙戦の終盤では民主推薦を前面に押し出す戦術を採り、「民主党が政権を取れば、私の公約も実現できる」と訴えたって、バカですか、ホント。
 こんな間抜けなことをやってれば、落ちるのは当然です。何なんですか、「民主党が政権を取れば、私の公約も実現できる」だとか「政権交代は同知事選から始まる」って。
 あたしが千葉県民で演説の際にこんなことを言われたら「はぁ?」ですよ。千葉県民をバカにしているんですか、この吉田平という候補者は。世間で政権交代の機運が高まっているからといって、それを今回の知事選に結びつけて自身の票に変えようとする。劣勢を盛り返そうとしたのかわからないけど、やってることがムチャクチャです。
 まっ、堂本前知事の後継指名を受けておきながら、その堂本前知事と前回の選挙で知事の座を争った森田健作に敗れたのですから、本人の弁通り、政権交代が起きたという皮肉な結果にはなったんですけどね。

 こんな間抜けな選挙戦略を採った上に見事に惨敗まで喰らった候補者を推薦したという理由で、執行部の責任を問い、その上で小沢代表の辞任を求めるというのなら話はわかります。しかし、西松建設の違法献金事件の影響でこの間抜けな候補者が落ちたとするのは、大坂冬の陣のきっかけとなった方広寺鐘銘事件以上の言いがかり。とにかく小沢一郎を代表の座から降ろしたいという横車以外の何ものでもありません。
 先ほど見ていたテレビのニュース番組では、ある民主党の中堅議員が「これで小沢辞任は党内の共通認識になった」などと語ったという報道がありましたけど、これが本当だとしたら、ホント、大バカ。救いようがありません。
 そうやって小さな器の中で、自らの保身と権力争いのために右往左往する。そんな醜態を曝していることが、自分たちの支持率の低下につながっているということがわからないんでしょうか。また、そうした発言を漏らすことが、話題を作りたくて仕方がないマスコミに上手く利用され、美味しく調理されてしまうということも予測できないんでしょうか。
 しかも、こうした醜態はこれまで自民党において散々に見られたこと。旧態依然とした自民党による政治というものに辟易とし、それが政権交代の気運となって高まっているというのに、自民党と同じ醜態を曝すことによってせっかくの好機を自ら手放そうとする。
「所詮は行き場がなくなって集まっただけの烏合の衆か。バカバカしい」
 そう吐き捨てるより他ない民主党のだらしなさです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
風雲急の民主党内政局 & 『世界』5月号の飯田哲也氏論文
週末に投開票が行われる秋田県知事選は、自民党、社民党などが推す佐竹敬久氏の圧勝が予想されており、またマスコミが「西松事件の影響」だ&... ...続きを見る
きまぐれな日々
2009/04/10 08:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バッカじゃなかろうか undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる