undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS 恥知らずな中国に、無能無策な日本

<<   作成日時 : 2010/09/26 15:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

icon 24日に那覇地検が記者会見を開き、尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件において、公務執行妨害で逮捕した中国人船長の釈放を発表し、翌25日の未明に、中国人船長は釈放となり、チャーター機で中国へと帰国しました。

 東シナ海の尖閣諸島沖で中国漁船と石垣海上保安部(沖縄県石垣市)の巡視船が衝突した事件で、那覇地検は24日、同保安部が公務執行妨害の疑いで逮捕した中国人船長、せん其雄(せん・きゆう、せんは憺のつくり)容疑者(41)を処分保留のまま釈放すると発表。船長は25日未明に釈放され、チャーター機で離陸した。同地検の鈴木亨次席検事は24日の記者会見で、巡視船側の被害が軽微だったことなどに加え「わが国国民への影響と今後の日中関係を考慮すると、これ以上、身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当でないと判断した」と説明した。一方、仙谷由人官房長官は「検察から釈放するとの報告を受け、了とした」と述べ、政治介入はなかったとの立場を強調した。

 検察当局が容疑者の身柄の取り扱いに関連して、外交への配慮を明言するのは極めて異例だ。那覇地検はこの日、最高検などと協議して処分を最終決定した。最高検は「官邸などの影響を受けた判断ではなく、検察独自の判断だ」としている。ただ、同地検は外務省の中国担当者にも意見を求め、「日中関係への影響がある」との返答を得たという。

 同地検の鈴木次席検事は処分の理由について、巡視船側に直ちに航行に支障が生じるほどの損傷や負傷者が出ていない▽船長の行動に計画性が認められない▽ 日本国内での前科がない――などの事情を列挙。日中関係については「中国政府に配慮したということではない」と繰り返した。

 29日の勾留(こうりゅう)期限を前に釈放を決めた理由については「必要な捜査がほぼ終結する見込みになったため」と述べた。一方で、船長が漁船を急転回させて、巡視船に故意に衝突させたことは明白で、危険な行為だったとも指摘した。

 中国人船長が釈放となったことに関して、「弱腰」だとか「外交的敗北」だとかといった批判が多く上がっています。確かに、私もそう思います。しかし、この件における逮捕、及び拘置延長に対する報復措置とも取れるフジタの日本人社員4名のスパイ容疑での逮捕や、レアアースの対日禁輸措置が報じられことで、日本としてはどこかで引かざるをえない状況に追い込まれたこともまた確かです。

 中国河北省で軍事管理区域に侵入し、違法に軍事施設をビデオ撮影したとして日本人4人が国家安全機関の取り調べを受けている事件で、取り調べを受けているのは準大手ゼネコン、フジタ(本社・東京都渋谷区)の関係者と分かった。日本外務省などが明らかにした。尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件が起きて以降、中国で日本人の拘束が明らかになるのは初めて。中国政府は船長逮捕に強く反発しており、今回の事案に関連している可能性がある。

 【北京=峯村健司】中国の複数の税関で、ハイテク製品の生産に不可欠なレアアース(希土類)の日本への輸出が止められていることが23日、わかった。沖縄県・尖閣諸島沖での衝突事件を受けた事実上の禁輸措置と見られる。中国政府が日本への広範な経済制裁措置を検討していることも新たにわかった。



 日本政府筋によると、レアアースの輸出は、中国人船長の勾留延長が決まった翌日の20日ごろから止められているという。同筋は「同時に止められており、実質的な禁輸措置の可能性が高い。期間や理由についてはわからない」としている。

 一方、中国に駐在するレアアース合金メーカー幹部は、中国税関担当者から「29日までは輸出はストップだ」と告げられたという。29日は船長の勾留期限で、日本側の対応をみて禁輸措置を継続するかどうか決める可能性がある。

 ただ、中国商務省の報道担当者は23日、朝日新聞の取材に「そのような通知は聞いていない」と回答。中国政府は対外的には対抗措置として公表しない一方で、経済活動の実態面を通じて日本への圧力を強めていると見られる。

 中国人船長のスパイ説なんてものもありますが、たかだか公務執行妨害という罪にしか問えない小物1匹を立件したところで、その代償として、日本人4人がスパイ容疑で逮捕され、レアアースの輸出が禁止されるというのでは、まったく割に合いません。ですから、釈放を決定してひとまず引くという判断そのものは間違っていないと私は捉えています。
 しかし、その決定を政府ではなく那覇地検が行なったことは、まったくの間違い。しかも、「わが国国民への影響と今後の日中関係を考慮すると、これ以上、身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当でないと判断した」などと、法的判断ではなく、政治的判断までなしている。こんなことは、一地検がなすべきことではありません。

 今回の件は、日本が中国人船長を逮捕し、中国側がその逮捕に抗議をなし、強行姿勢を採ったことで、どこまで意地を張ってどこで引くかのチキンゲームになっています。どこかでいずれかが引かざるをえません。引かなければ衝突し、双方が傷を負うことになります。
 そうして、4名の自国民を人質にとられ、重要な資源の禁輸措置というカードをちらつかされた時点で、日本の負けは確定的であり、引かざるをえない状況に追い込まれています。それらの代償を支払ってまで、中国人船長を立件することによって尖閣諸島の領有権を主張するだけの気概も準備も、日本政府にはありません。それは、首相や大臣などからたびたび口に出される「粛々と」という言葉から明らかです。
 中国が逮捕に抗議を発した時点で、今回の件は外交問題になっています。にもかかわらず、これを国内の問題として一地検が「粛々と」その処理を進めてゆくとした。これは、端から現場レヴェルの瑣末な問題として対処することとし、政府は関与せずと、逃げを打っていることにほかなりません。もし事が大きくなったら、トカゲよろしく現場の判断ということで尻尾を切り落としてその幕引きを計る。内閣の腹積もりはそういうものだったのでしょう。現場が「粛々と」その処分を計るというのは、そういうことです。
 しかし、思いの外に中国が強硬な姿勢に出、その圧力を強めていったことによって、トカゲの尻尾切りでは釣り合いが取れなくなり、そのアンバランスさが無様なものとなって完全に露呈してしまった。それが現在のありさまです。
 いったい誰が、これが那覇地検独自の判断で、政府の関与はなかったなどという言葉を信じるというのでしょうか。だいたい一地検が「わが国国民への影響と今後の日中関係を考慮すると」などと外交関係を考慮した政治的判断をなすこと自体が、異常な越権行為であり、それを時の内閣の官房長官が「了とする」と是認することも異常としか言いようのないことです。
 そんなおかしなことになっているのは、この中国人船長の逮捕を決定する時点で想定していたことが、あまりにお粗末で杜撰だったからにほかなりません。船長を逮捕するというのはひとつの仕掛けです。一手仕掛けるのなら、その後に起こるであろうさまざまな事態を想定し、二の手三の手を用意し、ダメだったときの逃げの方法もいくつか用意しておくものです。
 しかし、今回の件で準備されていたのは、「粛々と」などという、現場に責任を押しつけて逃げを計るという一手のみ。「逃げ腰」と言うのなら、これは釈放を決定する以前に、その逮捕を決定した時点からすでにおよび腰にして逃げ腰だったということです。
 これでは現場の人間はやりきれません。もしかしたら那覇地検の鈴木次席検事による「わが国国民への影響と今後の日中関係を考慮すると」という言葉には、「内閣が逃げを打って行動を起こさないから、あえて一地検が政治的判断を行なってその代行をした」という含みがあったのかもしれません。

 ともかく、今回の件における中国人船長の釈放は、実に中途半端な決着のつけ方で、菅内閣の無能無策ぶりを国内ばかりか、世界中に知らしめる結果となっています。確かに、人質と資源を押さえられた時点で、日本は引かざるをえない状況に追い込まれています。しかし、バカのひとつ覚えのように「粛々と」などという言葉を口にし、逃げを打つばかりで、政治的に何らの行動を起こさなかった。これは外交的敗北以前の問題。その土俵にすら上がろうとしていないのですから、話になりません。
 なぜ今回の船長釈放の判断を、内閣による政治判断によるものとしなかったのでしょうか。同じ引くにしても、その引き方、引くタイミングというものがあるはずです。中国が尖閣諸島の領有権を主張し、船長の釈放を要求するのであれば、日本政府も堂々と領有権を主張した上で、それに応ずれば良い。日中関係の悪化を望むところではないという名分はあるのだから、堂々とした矛の収め方はできたはずです。特に、中国が強行姿勢をエスカレートさせ、具体的な行動に出てきているのですから、逆にそれを利用して、中国の非を指摘しながらあえてそれを呑むことにしたと、主張すべきことは主張した上での身の引き方というものがあったはずです。
 もしかしたら、中国はそうしたことをも考慮した上で強行姿勢に出ていたのかもしれません。ここまでの強行姿勢に出れば、これまでの外交の歴史を見ても、日本が引かざるをえないのは中国側も計算しているはずです。そこで日本がどのタイミングでどのような引き方をしてくるか。真正面から向き合って引くのか、それとも背を見せて逃げるのか。中国は外交的圧力に対する日本の対応の仕方を見極めるために今回の件を利用したとも取れます。
 ここで、きちんとした逃げ方ができないようであれば、事につけ、圧力を加えることで日本を思うがままに操ることができるだろうと判断し、これからもちょこちょこと細かな圧力をかけてくるのは間違いないでしょう。今回の件における日本政府の対処の仕方では、具体的な圧力のカードを切るどころか、それをちらつかせるだけでも充分、日本政府には中国との外交的問題を正面から対処する能力もその心構えもない、そう捉えられても不思議ではありません。

 今回の中国人船長釈放の件で、代表選後にせっかく持ちなおした菅内閣の支持率もガタ落ちでしょう。また、引くタイミングもその引き方も明らかに間違った日本政府に対しては、信頼を置くに足らないと諸外国から見られる可能性は大です。特に、アメリカ政府からは、普天間基地の移設問題でのゴタゴタとも併せて、民主党政権はまったくあてにならないと判断されても仕方がありません。
 菅政権のひとつ山場は来年の3月における予算案の成立と言われてましたが、今回の件で「そこまで持たないかも」という気がしてきました。それほどまでに今回の件に対する対応の仕方はお粗末であり、その幕引きの仕方も大きく誤っています。それでもなお、バカのひとつ覚えのように「粛々と」と言葉を口にし、現場レヴェルの問題としてそこに責任を押しつけ、内閣の対処の仕方は間違っていなかったとするおつもりなんでしょう。
 ただ、それで済むのかどうか。政治的判断をなした那覇地検の決定を、まず「了とした」仙谷官房長官は、少なくとも辞任せざるをえない状況に追い込まれてゆくと思います。誰かをスケープゴートにしなければ、菅内閣そのものが持たない可能性は大きく、それでも持つかどうか怪しいところです。「粛々と」という言葉を口にした連中はすべて一蓮托生であり、現場レヴェルの問題として処理しようとしたのですから、その過ちを厳しく追及されたら、どうにも対応できず、追い込まれてゆくしかありません。

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で那覇地検が中国人船長の釈放を決定したことについて、民主党の岡田克也幹事長は24日、「地検の判断は尊重されるべきものだ。検察が粛々と判断したということだ」と述べ、容認する意向を示した。党本部で記者団に答えた。ただ、与党内からは「弱腰外交」(民主党ベテラン議員)などとして不満や懸念も上がった。
 岡田氏は「いろいろな憶測はできるだろうが、私は検察を信じたい。まるで中国から言われたから判断を曲げたように理解されるとしたら、それは国益を損なうことになる」と強調。同党政調幹部も「日中関係を考えた上での政治的判断だろう。(船長を)逮捕して身柄を拘束したことだけでも、中国に毅然(きぜん)とした対応を示せた」と述べ、やむを得ないとの考えを示した。

 仙谷由人官房長官は24日夕の記者会見で、那覇地検が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で逮捕した中国人船長の釈放を発表したことについて「検察の決定後、本日午後に那覇地検が記者会見という方法で発表するという連絡を法務省から受けた。検察が捜査をとげた結果、身柄を釈放するという報告だ」と述べ、釈放は那覇地検独自の判断であり、政治介入はなかったとの認識を示した。

 那覇地検が会見で「(釈放は)日本国民への影響や今後の日中関係を考慮した」と発表したことについては、「検察官が総合的な判断のもと、身柄の釈放や処分をどうするか考えたと言えば、そういうことはあり得ると考える」と語り、検察の判断を容認する考えを示した。

 【ニューヨーク=金子桂一】国連総会出席のため、米ニューヨークを訪問中の菅直人首相は24日夕(日本時間25日早朝)の記者会見で、尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件を巡り、逮捕された中国人船長が釈放されたことについて「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と述べた。

 しかしまあ、今回の件で、日本政府の無能無策ぶりが明らかとなりましたけど、それと同時に、中国の厚かましさ、恥知らずさ加減も、吐き気を催すまでに再認識させられました。今の中国の貪婪さは『蒼天航路』に出て来るトン(ケモノ偏に「貪」)を思い起こさせてくれます。欲望のままにすべてを喰らい尽くし、果てには自らをも喰らい、残るものは何もない。中国の貪婪なありさまはそのトンと変わりありません。そんな国に尻尾を振らなければ生き残っていけないなんて、イヤになってきます。
 今回の件で、中国への依存体質を改めるにはという方向性が生まれてくればいいのですが、生き残ることに必死で、目先のことしか考えられなくなっている日本には、それはムリなのかもしれません。
 国土も狭く、資源も乏しい国である日本がこれから生き残るにはどうしたらイイのか。経済発展によって覆い隠されていた問題が、世界的な発展の停滞と限界によって、再び顕在化してきた。今回の件でそうしたことも思い知らされました。

 沖縄県・尖閣諸島沖での衝突事件で逮捕され、沖縄県警八重山署(石垣市)に勾留(こうりゅう)されていた中国漁船の船長(41)は25日午前1時半過ぎに同署で釈放され、中国政府のチャーター機で南部の福建省に戻った。これを受け、中国外務省は同日未明、日本の司法措置を「不法で無効」とし、「日本側は謝罪し、賠償すべきだ」との声明を出した。日本側は拒否する構えだ。一方、菅直人首相は訪問先のニューヨークで24日、釈放は政治的判断ではないとの立場を強調。前原誠司外相は、同様の事案には「毅然(きぜん)として対応する」と述べた。

 中国外務省の姜瑜副報道局長は25日夜、日本の外務省が中国側の謝罪・賠償要求を拒否する談話を発表したことに対し、「釣魚島とこれに付属する島々(尖閣諸島)は中国固有の領土だ。日本は中国の領土主権と国民の人権を侵しており、中国側は日本に謝罪と賠償を求める権利を当然持つ」と反論する談話を発表した。

 釈放してもなお、これですからね。その厚顔無恥ぶりを増長させている中国政府に、足もとを見られ舐めきられている日本政府、心底、イヤになりますね(何が「毅然として」だ。毅然とせずに逃げばかり打っているから足もと見られるんだよ)。

jacket『蒼天航路1』
王 欣太(漫画)/李 學仁(原作)
モーニングKC(講談社)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レアアース 日本
<お買い得情報> ...続きを見る
声に出して伝えたくなる最新ニュース
2010/09/26 15:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
菅政権は、ヤクザ大国・中国の恫喝に簡単に屈服する政権であることを世界に証明し、悪しき事例を残した。
弱腰の菅・仙谷政権を消滅させなければ、尖閣諸島はヤクザ中国に実効支配される可能性がある。
民主党政権には期待できないが、先手を打って尖閣諸島に海上保安庁から遠隔操作できる望遠の船舶監視カメラが4台付いた無人灯台を設置することが望まれる。
野党各党はそれぞれの立場で国会において徹底的に菅・仙谷政権を追及し、衆議院を解散に追い込んで頂きたい。
日本国のために、菅及び仙谷を含む民主党の全ての左傾議員を落選させることが望ましい。
ヤクザ国家・中国
URL
2010/09/26 15:06
中国漁船は今も同海域に現れ操業しているようですし、遠からず同じ海域に中国の監視船が現れ日本漁船を拿捕して中国へ連れ帰えり、重い処罰、船体没収など実質刑という事案が発生すると思います。前原外務大臣には期待したのですが、「尖閣に領土問題はない」だけの壊れたレコード並みの発言だけで、中国はもとより世界への発信力が全くないことにはガッカリを通り越して無力感を感じます。およそ他国の領地領海を他の国が強力をもって「自国領」と主張することは古来「侵略行為」です。中国はかって「侵略」されたことは声高に叫びますが、その中国が今はベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、そして今度は日本へと「侵略行為」をしつつあることを世界に向けて強く発信すべきです。
中国お得意の「侵略」の言葉を使って。
万死奸菅内閣
2010/09/26 17:09

 今回の試練に、効果的成果が得られなかったのは、政治制度に欠陥があるかも知れません。アメリカのブッシュは優秀でなかった事は周知ですが、ライス国務長官は飛びぬけた才媛でした。この人が防衛政策を取り仕切っていたようです。

 支える官房長官、外務大臣が能力不足もあるが、シンクタンクの様な機関による中国研究や、陰の情報収集能力がもっと優秀であれば、もう少しましな対応が出来たでしょう。日本には情報収集能力が決定的に不足しています。

 真珠湾攻撃はいまだに軍事研究の対象になっているのは有名ですが、「真珠湾の真実」という、米軍将校(勲章多数もらっている、大佐)の本では、暗号解読は戦争前からほぼ完成しており、日本軍の動きは明確に察知していたが、国民を戦争に立ち上がらせる為に攻撃情報はふせられていたとしている。(日本艦隊の動きも、日本では無線封止していたとしているが、実際はそうでなく逐一、位置も把握出来ていたとしている。

 「日本は情報戦で、既に負けていた」(戦争前から)としている。
sunbird
2010/09/26 18:22
>>ヤクザ国家・中国さん
 コメント、ありがとうございます。
 民主党も情けないが、野党はそれ以上にひどいというのが私の捉え方です。批判のための批判に終始し、「では、どうするのか?」ということを示せない。それは55年体制の頃からまったく変わっていません。
 現在の民主党の情けなさ、だらしなさも、そうした野党根性から脱せていないことの現れだと思います。批判はするが、現実的な代替案を示せない。批判のための批判から導き出された代替案や政策を打ち出すものだから、現実的な展開力がなく、尻すぼみになってゆく。
 こうしたことは政権与党である民主党だけでなく、野党に転落した自民党をはじめ、他の野党各党も何ら変わりありません。自民信仰と政治に対する無関心によって長きに渡って自民党を政権与党の座に据えてきたことのツケの支払いは、そう簡単には終わりません。
鈴実
2010/09/30 21:11
>>sunbirdさん
 コメント、ありがとうございます。
 日本に情報収集能力もなければ、情報を分析・解析する能力もないことは、北朝鮮の核開発問題やミサイル発射実験の件でも明らかです。北朝鮮のミサイル発射実験が起きた際、これ幸いと軍事力の強化なんてアホなことを声高に言い出す連中もいましたが、日本に必要なのは、情報の収集能力と、それらの情報を分析・解析し、そこから自国の方向性に基づき戦略を生み出してゆく能力です。
 今回の件でもまた「軍事力を」などという意見が出てくるでしょうが、私からすれば、日本政府が抱えている問題はそれ以前のところにあり、どんなに軍事力を強化したところで、オツムの中身は小学生並みというのでは話になりません。
鈴実
2010/09/30 21:13
>>万死奸菅内閣さん
 コメント、ありがとうございます。
 前原外務大臣はダメです。あれは口先とポーズだけ。都合が悪くなれば、すぐにケツ捲って逃げ出します。あんなのが外務大臣の座にいるというだけで、私は頭が痛いです。

 チベットやウイグルを支配し、台湾も自国領と主張するに留まらず、ミャンマーの軍事政権を支え、尖閣諸島やカシミール地方などの領有権まで主張する。己が欲望を膨らませた結果、膨らみすぎた欲望に逆に自らが呑み込まれ、自分で自分をコントロールできなくなっているのが、現在の中国のありさまだと思います。
 今回の中国の強硬な振る舞いは、国力をつけ、その強力な力に基づいた傍若無人さというよりは、むしろ、自らの欲望に追い立てられ、強迫観念的な不安に取り憑かれたあがきのようにも思えてきます。
鈴実
2010/10/05 19:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恥知らずな中国に、無能無策な日本 undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる