undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS 確かに、腹持ちがイイな

<<   作成日時 : 2011/03/16 06:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

icon 昨日買ってきた玄米、炊き方を失敗したせいもあってか、不味かったけど、腹持ちはイイみたい。食べてから6時間以上過ぎているけど、まだお腹が空いていない。
 まあ、不味かったし、生活のリズムがガタガタで頻発する余震で精神的にチョイまいっているから食欲が落ち、消化スピードも落ちているせいもあると思うけど。

 しかし、「やるならやるではっきりしろ」という抗議を受けたせいなのか、東電の輪番停電、昨日に続いて今日もしっかり行なわれているとのことです。
 電力の供給が落ちているのですから仕方がないことではあるのですけど、あたしの住んでいる江戸川区は、変電所の関係か、5つのグループには入っておらず今のところ停電の予定はナシ。輪番停電について、実際のところは「仕方がない」なんてことを言える立場にはなく、小野不由美の『十二国記』シリーズの「図南の翼」の主人公珠晶のような気持ちです。

「確かにあたしは、苦労知らずなんだと思うわ。食べるものだって着るものだって贅沢をしてたし、家だって大きくて立派で、窓には全部鉄格子が入っていて安全だった。杖身だっていっぱいいて……。でもって、家の外ではどんどん人が死んでいくの。可哀想に思っても、可哀想にって言う権利はあたしにはないのよ。そういう時には、こう言わないといけないの」
 言葉を切って、珠晶は指を挙げる。
「どうして杖身ぐらい雇っておかなかったの?」
<『図南の翼』(小野不由美/講談社文庫)より>

 さすがに、そこまで言っては嫌味すぎるから、あたしゃ、黙っているけど、除外されているというのは、どうにも落ち着かず、あまり気分が良くないです。

「君は王になったら、贅沢三昧ができるね。たんさんの下官が君の足元に身体を投げ出して礼拝する」
「ばかみたい。あたし、今までだってそりゃあ贅沢してきたわよ。立派な家だってあるし、利発で可愛いお嬢さんだって、大切に大切にされてきたんだから」
「なのに荒廃が許せないんだね。----なぜ?」
 珠晶は呆れ果てた顔をした。
「そんなの、あたしばっかり大丈夫なんじゃ、寝覚めが悪いからに決まっているじゃない」
「そう……」
「国が豊かになって、安全で、みんなが絹の着物を着て、美味しいものをお腹いっぱい食べてたら、あたし着替えたりご飯を食べたりするたびに、嫌な思いをせずにすむのよ。心おきなく贅沢のし放題よ」
<『図南の翼』(小野不由美/講談社文庫)より>

 菅総理を始め、現在の政治家の中で、はたしてどれだけの人がこういう気持ちを持ち、その思いを実行に移そうとしているのでしょう。「先憂後楽」という言葉もあるんですけど、まっ、心に根ざさない言葉、行動を伴わない言葉は「実のない言葉」、知ってるだけじゃ何の意味もないんですけどね。

jacket『十二国記 図南の翼』
小野 不由美/講談社文庫

jacket『十二国記 図南の翼』
小野 不由美/講談社X文庫−ホワイトハート





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
確かに、腹持ちがイイな undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる