undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS ふにゃ〜、眠いですぅ....

<<   作成日時 : 2003/02/09 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon は〜い、毎度の通り、模試の採点で徹夜中。只今、ようやく半ぺラを終わらせて、折り返しの休憩中です。
 って、もうこんな時間。マズいかも....

 そう言えば、昨日、銀座でのオークションで、ゴッホの「左向きの農婦の頭部」という絵が6600万で落札されましたね。
 これ、出展された当初は作者不詳で、落札予想価格も1〜2万円だったそうです。しかし、ゴッホの作品に似ているからと、オランダのゴッホ美術館に問い合わせ、調べてもらったところ、ゴッホが修行時代に書いた作品であったことが判明。入札価格も大幅に変更され、結局、落札価格は6600万円と。

 ホント、おかしな話ですよね。作品の内容や質が問題ではなく、誰が書いたかの方が問題なんですから。この作品、作者不詳のままだったら、いったいどうなっていたんでしょう。
 と言っても、あたしゃ、落札価格がどうなっていたかより、作品に対する評価がどうなっていたかの方に、興味があるんです。だって、あの落札価格はゴッホの名に付けられたものであって、作品に対する評価ではないんですから、そんなものはどうでもイイです。
 それよりも、ゴッホの名抜きで、あの作品がどういう評価を受けていたのかです。それは、修行時代におけるゴッホの画力を先入観抜きで測る目安ともなる一方、その評価を下した人間の鑑識力をも測るものとなります。もちろん、作者不詳のままなら、それがゴッホの絵であるとはなっていないのですから、そのままではそれがゴッホの画力とはできないのですが。

 それにしても、ホント、人の評価なんてイイ加減なものですよね。
 まあ、こうしたことは絵画に限らず、良くあることで、人の評価のイイ加減さとともに、名というものの持っている力を、あらためて思い知らされた次第です。

 といったところで、休憩はオシマイ。採点に戻りま〜す。
 ほいじゃ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ふにゃ〜、眠いですぅ.... undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる