undercurrent

アクセスカウンタ

zoom RSS あ〜、もうぶん投げちゃえっ!

<<   作成日時 : 2008/09/02 04:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

icon と言っても、あたしのことじゃありませんよ。電撃辞任を発表した福田ぬらりひょん康夫総理大臣のことです。

 福田首相は1日夜、首相官邸で緊急に記者会見し、「新しい布陣の下に政策の実現を図らなければいけない」と述べ、辞任の意向を表明した。衆院解散・総選挙の時期や、インド洋での給油継続のための補給支援特措法の延長などをめぐる公明党との対立に加え、対決姿勢を強める民主党との間で「ねじれ国会」を乗り切る展望が開けず、これ以上の政権維持は困難と判断した。安倍前首相に続き、2代続けて約1年で政権を放棄したことで、自公連立政権の行き詰まりが明確になった。自民党は後継を選ぶ総裁選に入るが、麻生太郎幹事長が軸になるとみられる。

 眠くて何もやる気がしなかったんで、だらだらとテレビを観ていたところ、9時のNHKニュースで、突然「福田首相が辞意表明。9時半より記者会見がある」との報が流れ、このニュースにはさすがに「へっ?」となってしまいました。だって、内閣改造をしてたったひと月で首相辞任って、普通ならありえない話でしょ。辞任するぐらいなら、内閣改造なんかする必要もないんですし。
 あっ、普通ならありえないはずのことが、この国じゃ、去年もあったんでしたね。ちょうど去年の同じ頃、時の首相だった安倍君が「ボクもうやだぁ。野党は言うこと聞いてくれないし、回りもあれこれうるさいし、ぽんぽんまで痛くなってきちゃった。つまんないからもう辞める」と、政権をぶん投げてくれちゃったんでした。

 しかし、内閣総理大臣が2代にわたって短命であったばかりか、突然の辞任って、この国はいったいどうなっているんでしょうね。
 安倍君の場合は、体調不良という一応の理由はあったけど、福田君の場合は、記者会見を見てても「何言ってんの、この人?」となるだけで、きちんとした理由なんかちっとも見えてこない。本人は体裁を整え最後までカッコをつけているつもりなのかもしれないけど、言葉がスカスカで、一国の首相の座というものから降りるにしてはあまりにも薄っぺらで筋も通っていない。
 まあ、福田君の場合、普段の記者会見でも正体を見せまいとする血肉の通わない言葉を口にすることがほとんどでしたから、この人らしいと言えばこの人らしい記者会見。でも、最後なんだから、そのときぐらいは本音をぶちまけて自身の薄っぺらな美学をぶち壊してしまった方が、かえってカッコがつき、人気も上がったかもしれないのに、残念なことをしちゃいましたね。もっとも、辞めるとしたそのときに人気が出ても遅いんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あ〜、もうぶん投げちゃえっ! undercurrent/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる